HOME > 植物園で見られる鳥

植物園で見られる鳥 WILD BIRD WATCHED IN FBG

 福井総合植物園は自然の地形と植生を生かした植物園ですので、昆虫、両性類、は虫類、鳥類、ほ乳類など、様々な動物も生息し、豊かな里地・里山の生態系が形成されています。
特に鳥類に関しては、日本野鳥の会福井県支部の納村力先生が園内で継続的に観察を行い、100種あまりの野鳥を記録しています。
ここでは納村先生によって確認された野鳥の一部を紹介します。バードウオッチングのコースとしても、ぜひ当園をご活用下さい。

 平成13年10月から、継続的に園内の野鳥の観察を行い、その観察日数は2200日を超えました。この9年間で確認した野鳥は、上空を飛翔しているものも含めると101種に上ります。ここまで観察を続けてこられたのには、いくつかの理由があります。            
一つは、9年前の観察初日、ロックガーデンの上で夜明けが始まると同時に、薄暗い中を私の足下を「バチバチ」と音を立てながら飛び交っていった、あの衝撃的な光景を目の当たりにしたからです。その頃、私の西山公園の野鳥観察日数は優に1500日は超えていましたが、あのような感動は初めての経験でした。  
二つ目は、例えば、マヒワなどは秋から冬にかけて、100、200という単位で杉の梢に群がるという、1種あたりの数の多さに圧倒されるからです。  
三つ目は、四季折々の園内の美しい花々や緑が、毎日私の物になるからです。
四つ目は、オオマシコ、ミヤマホオジロ、カワセミ、ヤマセミ、アオバトなど、普段なかなか見られない野鳥に出合う楽しみがあるからです。
五つ目は、私一人とか、妻と二人で園内を回ると、ノウサギ、ニホンリス、キツネ、イノシシなどの思いがけない動物が観察できるからです。  
ほかに、少々の雨なら、メインロードが舗装されているので歩きやすいことも挙げられます。


植物園で見られる鳥の写真
植物園で見ることができる鳥の写真を一覧にまとめました。
※サムネイル写真をクリックすると拡大した写真をご覧になれます。

アオバト
アオバト
アカゲラ
アカゲラ
アトリ
アトリ
イカル
イカル
エゾビタキ
エゾビタキ
カルガモ
カルガモ
カワセミ
カワセミ(オス)
カワラヒワ
カワラヒワ
キビタキ
キビタキ(オス)
サンショウクイ
サンショウクイ
シジュウカラ
シジュウカラ
セグロセキレイ
セグロセキレイ
ノウサギ
ノウサギ
ヒヨドリ
ヒヨドリ
ホオジロ
ホオジロ(オス)
ミサゴ
ミサゴ
メジロ
メジロ
モズ
モズ
ヤマガラ
ヤマガラ
ルリビタキ
ルリビタキ(オス)