HOME > 収集活動

植裁 Cultivated collections

園内には自生,植栽合わせて約3000種があり,四季折々の植物を観察することができます.また,稀少植物の系統と群落(湿地と森林)の保存にも努めています.

福井総合植物園で見られる植物

当園内で見ることのできる植物を一覧表にまとめました(一部)。
下記のボタンをクリックすると園内で見られる植物一覧のウィンドウが開きます。

※ブラウザの環境設定でポップアップを許可しないに設定されているとうまくご覧になれない場合がございます。

福井総合植物園植物目録(2004年版)

※以下の目録は2004年にまとめられたもので,現在では追加または削除すべき種が含まれています.
ただいま目録のアップデートにつとめておりますのでご了承下さい.

ハーバリウム Herbarium

顕微鏡を覗く早坂学芸員 当園のハーバリウムには福井県産を中心に約8万点の標本があります. 維管束植物,コケ類,藻類,地衣類,菌類と幅広く収集しているのが特徴です. 主なコレクションとして福井県植物図鑑(1997--2001, 福井県植物研究会発行)の証拠標本や昭和初期の細井与三右衛門コレクションなどがあります. 当園では現在越前町や県内各地の植物相調査をすすめており,その際に採集した新しい標本も蓄積しつつあります. インデックス・ヘルバリオールム(Index Herbariorum)に登録されたハーバリウムのアクロニムはFUKです.ハーバリウムは研究者に公開しています. 福井植物園ハーバリウム標本データベース

ハーバリウムの利用について

ハーバリウムを利用できる曜日や時間は 植物園と同じ ですが,スタッフの都合で利用できないこともあります
のであらかじめお問い合わせ下さい.

ハーバリウム利用規程

  • 1. 利用に際しては,事前に利用許可を得ること.
  • 2. 標本を同定したら台紙にアノテーションラベルをのり付けすること.
  • 3. 標本から種子,花粉などを採取する場合は予め担当者の許可を得ること.
  • 4. 標本を論文等に引用する場合は略号FUKを用い,別刷2部を植物園に寄贈すること.

福井総合植物園のハーバリウム


福井総合植物園のハーバリウムは植物館の2階の1室で,床面積148 ㎡,コンクリート壁,約150個の木製キャビネットを置いています.

キャビネット


標本は白のジーナスカバーで仕分けています.

標本


福井県産の標本が主で,戦前から最近の標本まで数万点があります.植物相調査などで新しい標本も作っています

貼り付け作業


標本の貼り付けにはラミントンテープを,ラベルにはアラビアゴムを用いています.

データベース入力


ファイルメーカーを用いて所蔵標本目録を作成しています.